ネイリストの年収はいくら?ネイリストの働き方を調査!

公開日:2022/01/01  最終更新日:2021/12/14

女性に人気の仕事にネイリストがあります。ネイリストは、華やかなイメージがある仕事ではないでしょうか。お客さんに喜んでもらえるとてもやりがいのある仕事です。「ネイリストになりたいけれど、年収ってどれくらいなのかな…」と気になっている方のために、ネイリストの働き方について紹介します。

ネイリストの平均年収は?

まず気になるのは、ネイリストの年収でしょう。どれくらい稼ぐことができるのだろうか、ネイリストだけで食べていけるのだろうかなど、不安はあると思います。ここでは、平均的なネイリストの年収についてお伝えします。

ネイリストの年収は、20代が200~240万円、30代が300~360万円、40代が220~260万円といわれているようです。平均するとだいたい300万円という感じです。そこまで高いとはいえませんね。

年収の差は、どのような働き方をしているのかということでも変わってきます。40代以降になると独立開業する人が増えるので、年収は一時的に下がってしまう人もいるようです。チェーン店に勤めるのか、大手ネイルサロンに勤めるのか、自宅で開業するのかなどで給料に差が出ます

ネイリストは歩合制?

ネイリストの仕事は歩合制なのでしょうか?これは勤務するサロンによって異なります。たとえば、固定給制のサロンだと、毎月決まった給料になります。完全歩合制となっている場合は、個人の売上に対して給料が決まるようです。

他に、固定給と歩合制を合わせているサロンもあります。一部歩合になることで、頑張った分は歩合給で反映されるので、給料も増えるでしょう。歩合の比率が大きいと収入が安定しにくくなってしまいます。

ボーナスがあるサロンは少ない

ネイルサロンは、大手やチェーン店の場合は、ボーナスを支給しているところもありますが、基本的に少ないです。ボーナスがない可能性も高いと覚えておきましょう。

独立・人気店のオーナーの場合

ネイルサロンで、数年経験を積んだ後、独立する人もいます。独立した場合は、年収はどれくらいになるのでしょうか。

独立した場合、自宅でサロンを開業する、出張サロンにする、店舗を間借りするなどいろいろな経営スタイルがあります。どれくらいの規模のサロンにするのかによって年収は変わってきます

大きなサロンに成長した場合は、年収数千万も夢ではありません。しかし、事業に失敗してしまうと赤字、最悪の場合事業が継続できないというリスクもあります。独立する際は、しっかりとした計画を立てるようにしてください。

人気店のオーナーの場合は

ネイルサロンのオーナーとして勤務する場合、複数の店舗を構えている場合は、年収も増えます。1店舗で毎月300万円の売上があがっていたとして、5店舗のオーナーになっている場合は、300万円×5店舗で1,500万円という計算になります。

もちろんここから従業員の給料や、店舗家賃などの必要経費は差し引くので、そのままの金額が給料となるわけではありませんが、売上が毎月1,500万円というのは、OLになるより給料が高いことはわかるでしょう。

ネイルスクールの講師になった場合

ネイリストの資格を取得している場合、ネイリストとして活躍するだけでなく、ネイルスクールの講師になるという方法もあります。ネイルスクールの講師として仕事をする場合、どれくらいの年収になるのでしょうか。

認定講師資格を保有している場合

日本ネイリスト協会の認定講師となっている場合、正社員で月給25万円~くらいです。これは経験年数でも変わってくるため、交渉してみればもう少し高くなることもあるでしょう。

アルバイトとして講師をする場合は、時給1,500円くらいからです。こちらも経験年数がある方や、実績がある方の場合は、もっと高い時給で採用されることもあります。

認定講師ではない場合

認定講師資格を取得していないという場合は、月給20万円くらいです。アルバイトの場合は、時給1,200円くらいでしょう。資格を取得しているほうが給料は高くなるので、講師を目指すなら資格を取得したほうがよいです。

業務委託のネイリストの場合

ネイリストの働き方として、業務委託があります。業務委託の場合は、収入面が不安定となってしまいますが、フリーで仕事ができるので自由度は増えます。副業でネイリストをすることもできるうえ、子育てしながらでも続けやすいでしょう。

ネイルサロンと業務委託契約をすることになるので、報酬はサロンによって異なります。たとえば、ネイリストの売上の50%がサロンに入るというような形で契約することもあります。最初にしっかり契約内容を確認しておきましょう。

 

ネイリストの年収についてお伝えしました。ネイリストとして活躍するためには、経験が必要となります。そのため、最初は高い年収を期待できない場合が多いでしょう。しかし、経験を積んで自分のお店を出したり、店長やオーナーとして活躍したりすることで、年収を増やすことは可能です。まずは、ネイリストになるための資格を取得しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

ネイリストを目指す場合、資格を保有しておくほうがサロン就職は有利になります。また、サロンをOPENする際も資格は保有していたほうが良いです。ネイリストの資格には、ネイリスト検定やジェルネイル
続きを読む
ネイルスクールの通う場合、ある程度お金がかかります。お金を払って通うのですから失敗したくありませんね。では、どのような点に注意してスクール選びをすれば良いのでしょうか。この記事では、ネイルス
続きを読む
ネイルが好きという人は、サロンに通って施術を受けているうちに、自分でもネイルをしてみたいと思ったりするのではないでしょうか。ネイリストになるためには、ネイルスクールや専門学校でネイルに関する
続きを読む