ネイルスクールには通学と通信講座のどちらがいい?比較しよう!

公開日:2022/01/01  最終更新日:2021/12/14

ネイリストの仕事に憧れているという人は、ネイリストになるために資格を取得しようと検討していることでしょう。ネイリストになるための資格を取得する方法は、通学講座と通信講座の2パターンに分けることができます。それぞれのメリットやデメリットを知ったうえで、スクール探しをしましょう。

通学のメリット・デメリット

ネイリストとして仕事をしたい場合、資格を持っていることで未経験でも働ける場所を見つけやすくなります。ネイリストになるために学校に通う場合、ネイルスクールや美容専門学校のネイル専攻コースなどで学ぶことになります。通学のメリットとデメリットをまとめておきましょう。

ネイルスクールに通う場合のメリット

ネイルスクールに通うメリットは、講師から直接指導を受けることができるという点です。講師は、現役ネイリストとして活動している人も多いです。時代に合ったネイル技術について学ぶことができるうえ、常に最新の情報を知ることができます。

また、その場でやり方を指導してもらうことができるので、自分が間違えている点なども気付きやすいです。周りに同じ志を持っている仲間もいることから、励まし合って学習できるでしょう。正しい技術が身につき、モチベーションもあがるのが通学のメリットです。

ネイルスクールに通う場合のデメリット

通学の場合、丁寧に教えてもらえるのはとてもよいですが、学費は高くなってしまいます。とくに全日制の場合は学費が高いです。

また、通学になると自分の時間を確保することが難しくなります。たとえば、アルバイトしながら通って学費を払いたいという場合は、ネイルの復習が自宅でできないということもあるでしょう。授業の曜日や時間帯も決まっているので、スケジュール管理が大変になります。

通学に向いている人は?

通学に向いている人はどのような人なのでしょうか。通学は、自分のスケジュール管理をしっかりできる人、体力的にアルバイトと通学を両立できる人、お金に余裕がある人、認定講師を目指したい人などは、通学コースを選ぶほうがよいでしょう。

通信講座のメリット・デメリット

ネイリストの資格は、通信講座でも取得することが可能です。最近のオンライン講座は、DVDではなく、スマートフォンやタブレット端末で講義を受講できるスタイルが増えているので、どこでも学習しやすくなっています。通信講座のメリットとデメリットをまとめておきます。

ネイルスクールの通信講座のメリット

ネイルスクールを通信講座で受講する場合、どこでも学習できるというメリットがあるようです。講義授業を視聴する際、スマートフォンやタブレット端末も使うことができるので、効率よく学習をすすめることが可能です。

たとえば、会社でお昼休憩に講義を視聴することもできるうえ、通勤電車の中で講義を視聴することもできます。隙間時間を活用した学習ができます。

それから、学費が安いということも挙げられるでしょう。通学講座と比べると、通信講座の学費は安くなります。学費を抑えたい場合は、通信講座の方がよいでしょう。

また、アルバイトしながら勉強しやすいという点もメリットとして挙げられます。自分のスケジュールに合わせて勉強できるので、働きながら資格を取得したい人や、アルバイトしながら資格を取得したい人に向いています。自分の時間も確保しやすいでしょう。

ネイルスクールの通信講座のデメリット

ネイルスクールの通信講座のデメリットは、質問してもすぐに回答が得られないという点です。自宅で学習していて不明なことは質問できますが、その回答がすぐに得られないので、学習が止まってしまうということがあるかもしれません。

また、苦手とする部分の克服も時間がかかってしまいます。自分のペースで学習できますが、怠けてしまうと前に進めないという点もデメリットでしょう。

技術面のサポートに不安が出やすい

スクールに通う場合は、実際に先生に目の前で技術を確認してもらえますが、通信講座の場合は、そのような機会があるのか確認しておくようにしましょう。

今自分がどのくらいのレベルなのか確認できないのは不安がありますね。できればスクーリングもある学校にすると安心です。技術面はスクーリングで見てもらい、後は自宅で学習していきます。

通信講座に向いている人は?

ネイルスクールの通信講座に向いているのは、自分でスケジュール管理できる人や、受験の費用を抑えたい人、働きながら勉強したい人です。通信講座は学費が安いですが、サポート体制についてよく確認してから申し込みしましょう。

 

ネイリストの資格を取得したい場合、通学する方法と通信講座で学習する方法があることがわかりました。どちらにもメリット・デメリットはあります。より自分が学習しやすい方を選ぶようにしましょう。ただし、通信講座の場合は、技術面で見てもらうことができるのかという点は確認しておいたほうが安心です。

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

ネイリストを目指す場合、資格を保有しておくほうがサロン就職は有利になります。また、サロンをOPENする際も資格は保有していたほうが良いです。ネイリストの資格には、ネイリスト検定やジェルネイル
続きを読む
ネイルスクールの通う場合、ある程度お金がかかります。お金を払って通うのですから失敗したくありませんね。では、どのような点に注意してスクール選びをすれば良いのでしょうか。この記事では、ネイルス
続きを読む
ネイルが好きという人は、サロンに通って施術を受けているうちに、自分でもネイルをしてみたいと思ったりするのではないでしょうか。ネイリストになるためには、ネイルスクールや専門学校でネイルに関する
続きを読む